前田 和清 Kazuzkiyo Maeda
1972年 9月生まれ おとめ座
京都市出身
趣味:合気道、空手、アウトドア、潜り など
スポーツ歴:水泳、空手(剛柔流・極真会館)、柔道、合気道、サッカー、ラグビー、スキー、スノーボード、水上バイク、ゴルフなど

はじめまして。
まえだ整骨院のホームページへお越しいただきまして
本当にありがとうございます。

院長の前田和清です。
簡単に自己紹介をさせていただきます。

私がこの治療業界に入るきっかけとなったのは、

10年来にわたる2つの疑問があったからです。

私は整骨院業界に入る前、
自営ではじめた建設業と、
19歳から始めた空手の稽古をする日々を過ごしていました。
もちろん遊びもです(笑)。

真剣にキツい稽古をしていました。
その全ては、大会で優勝するためです。

数年が経った頃、筋力トレーニングもたくさんしているにもかかわらず、
「立っているだけで腰が痛い」
という事が起き始めました。

テレビや雑誌などでは、

「腰痛は筋力を鍛えれば良くなる」
というのがよくある定説。

しかし、自分なりにではありますが、
週に3回の筋力トレーニングを行っているにもかかわらず
腰がとても痛い。
その他、肩甲骨の内側が痛いなど。
多くのの故障が起きている事から、

1つ目の疑問は、
「腰や、いろんな所が痛くなるのは、
痛い腰などが直接悪いわけでもなく、
筋力が関係する訳でもなく、
他に何か原因があるのではないか?」
という事です。

2つ目の疑問は、
一生懸命にトレーニングをしても
なかなか試合結果につながらないのは、
「自分が知らない何かやるべき事」や、
「身体の使い方」
があるのでは?

という事です。

武術の本を読んで自分なりに実践してみても、
果たしてその通りに出来ているのか
出来ていないのかすらわかりません。

自問自答を繰り返す中、
ついに、自分が身体専門の道に進んで
その疑問を解決し、
同じ様に悩んでいる人の役に立とう!
と、何か導かれている様な気もしながら
決心したのは29歳の時でした。

専門学校への入学後まもなく、師匠との出会いにより、
長年の問題解決に光がさしました。

「自分が長年求めていたのはこれだ!」と強く確信し、
「こんな世界があったんだ」とワクワクした自分を今でも鮮明に覚えています。

10年来の疑問が解決すると同時に、師匠に自分が進むべき明確な方向性を示して頂きながら
その奥の深さに進んできた16年。

進めば進むほど多くの気づきや、
「観えて」くるもの、
または自分への課題が次々と現れています。

そこに真剣に取り組む事で、
治療の結果に違いが現れ、
患者さんの笑顔につながります。

これからも「核心」の深さを追求するのみです。

そのすべては、

自分という人間と、
治療技術を高め、

長年の痛みで苦しんでおられる方や、

一生懸命に練習しても結果に繋がらない人のために。

競技で記録更新の壁を乗り越えたい人のために。

今ご覧のあたなをはじめ、
世界中の人々がより健康で楽しい人生を過ごすために!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

まえだ整骨院

院長  前田 和清