体幹を安定させる つま先と踵をつけた蹲踞 動画でご紹介

おはようございます。

スポーツ競技能力の向上・記録更新の専門家

まえだ整骨院 院長の前田和清です。

 

今日は「体幹を安定させるエクササイズ」

 

をお伝えします。

体幹を安定させる秘訣とは?

体幹を安定させるために何が大切でしょうか?

「腹筋・背筋の筋力が大事」

という声が聞こえてきそうです。

 

筋肉で支えるという事は、

身体の表面で支えています。

 

車のタイヤに例えると

「ゴム」で支えていることになります。

 

ここでお伝えする方法は、

 

体幹は身体の内圧で支えます。

体幹を内圧で支えるという事は

身体の中心で支える事になります。

 

タイヤに空気がしっかり入った状態です。

 

空気を入れて膨らます人形の様に、

内圧で支える方法となります。

 

体幹を内圧で支えると

身体の力みは抜ける様になります。

 

両者を比較すると雲泥の差があるのです。

蹲踞の姿勢。つま先と踵をつけたまま。

蹲踞の姿勢をとってみましょう。

 

やり方↓

①つま先と踵をつけたまましゃがみこみます。

②しゃがみこんだら太ももを左右に広げます。

③体幹がまっすぐ起きているか確認します。

この地点でふらつく人が多いです。

③両手を真上に上げ、前後左右に動かしてみましょう。

体幹を左右に動かして手をぶらぶらと回してみましょう。

 

呼吸法を用い、

どんな動きをしても体幹がブレず、安定させるエクササイズです。

 

let’s try with me!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。

院長   前田 和清

まえだ整骨院

予約制 0759518616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

関連記事

  1. からだの使い方

    武道的なからだの使い方

  2. 肘のエクササイズ

    身体を自由に動かす 〜肘編〜 動画でご紹介

  3. 相手の反応を遅らせる方法

    呼吸・間・空間を捉える 突きで表現 

  4. ヌンチャク

    ヌンチャク 感覚をつかむ一環

  5. チーターのような体幹

    体幹を自由に動かす 背骨・肋骨 前後編 エクササイズを動画で…

  6. ランナー

    走ると膝が痛い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント