体幹を自由に動かす 背骨・肋骨 左右編 エクササイズを動画でご紹介

おはようございます。

今日もブログをご覧いただきましてありがとうござます。

スポーツ競技能力向上・記録更新の専門家

まえだ整骨院 院長の前田和清です。

 

今日は「体幹」についてお伝えさせていただきます。

 

今ご覧のあなたは体幹が自由に動いていますか?

日常生活をはじめ、あらゆるスポーツ競技、

楽器の演奏、舞台などにおいて

怪我防止はもちろん、

パフォーマンス向上にとても重要です。

健康促進にも重要です。

 

お身体の調子の悪い方の

ほぼ100%の方は

体幹がガチガチです。

 

今日は体幹を動かすエクササイズを動画でお伝えします。

体幹を自由に動かす 背骨・肋骨〜左右編〜

体幹はなぜ大事なの?

体幹は木に例えると

「幹」です。

手足は

「枝」です。

 

車に例えると体幹は

「エンジン」です。

手足は「タイヤ」です。

 

体幹のちからを手足にその力を伝えていく事が大切です。

そのために

体幹を前後、左右、回転と

自由に動かせる事がまず必要となります。

 

体幹が動かせていないと

手先足先に頼った小手先の動きとなってしまいます。

エクササイズに使う棒はどんなのが良いの?

太さは32ミリくらいをお勧めします。

あまり細いと握りこんでしまって力みにつながる事があります。

手をだらんとしたに下ろした時、手指は少し丸まっています。

その中自然に入るのが大体32ミリくらいが適しています。

長さは大体90センチくらいです。

あまり長すぎても邪魔になったり、

短すぎてもエクササイズをやりにくいと思います。

ホームセンターの木材コーナーで数百円で売っているのを

よく見かけます。

 

エクササイズの注意点は?6つの注意点

①全身の力を抜く

②座った時に腰(仙骨)を起こす

③バーを肩に担いだ時、肩を上げない。

④左右に動かす時、体重も左右に移動しない。
お尻への荷重が左右5:5をキープして行う。

⑤バーが水平に移動する事

⑥バー(体幹)を回転させない事。

 

let’s try with me!

楽しみながら続ける事で動く様になります♩

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ではまた。

院長   前田 和清

まえだ整骨院

予約制 0759518616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

関連記事

  1. 重心移動

    重心移動 歩く時 走る時

  2. 下段回し蹴り ミット蹴り

    下段回し蹴り エクササイズから得た感覚を当てはめる練習

  3. からだの使い方

    武道的なからだの使い方

  4. 体幹を安定させる つま先と踵をつけた蹲踞 動画でご紹介

  5. 相手の反応を遅らせる方法

    呼吸・間・空間を捉える 突きで表現 

  6. ランナー

    走ると膝が痛い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント