肩こり 頭痛 その2

肩こり頭痛イメージ画像

おはようございます。
今日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。
まえだ整骨院 院長の前田和清です。

前回の肩こり 頭痛 その1では、
一般的に肩こりの原因と言われている事と、
こんな時は注意をしてほしい肩こりについて
お話をさせていただきました。

今日は肩こり 頭痛 その2

「知っておいた方が良い事」です。

 

今からお話する内容は、

あなたも今までに聞いた事がないかも知れません。

これを言ってしまうと、

「あなたなんて大っ嫌いっ!」

て嫌われてしまうかもしれません。

 

でも、本当にあなたが辛い肩こりや頭痛から解放されたいとしたら、
知っておくべき事ですし、知っていただきたい事なのでお話しします。

決してあなたを責めようとはしていませんのでご理解くださいね。😉

ブログを読んでいただいているあなたが大好きです(笑)

 

実は実は、盲点となっている原因があります。

長時間のスマホなど、原因と言われている事も、

それ自体が原因というより、

少し掘り下げていくと

本当の原因は、

 

あなたの中にあると言うことです。

 

原因と言われる色んな事からの
影響を受けるお身体の状態になっています。

 

この事を、私はあなた気づいて欲しいと思います。

 

例えば「冷え性」も肩こりの原因というよりは、
お身体の状態により結果的に「冷え性」になっています。
「冷え性」になっているあなたのお身体の状態が
「原因」です。

一見してどっちでも良さそうな事ですが、
ここをサラッとスルーしてしまうと
ボタンを掛け違ったままですし、
あなたはいつまでも辛い思いをするばかりです。

つまり、あなたのお身体が変われば、

いろんな原因の影響を受けにくい状態になると言う事です。

肩こり体質から変わる事ができるという事です。

 

1つ例をあげますと、

水深の深い海の沖から、
缶ビールと、
水の入ったゴムボールを落としたとしましょう。

どちらもどんどん沈んでいくにつれ

どんどん水圧がかかってきます。

するとどうなるでしょうか。

缶ビールの方は水圧に耐えられず、「クシャッ」と潰れます。
反対にゴムボールは潰れません。

これを身体に置き換えた時に、同じ事が言えます。

自分自身が缶ビールの缶の様に、固い状態であれば、
外部からの影響を受けやすく、もろくなります。

逆にゴムボールの様な状態であれば
外からの影響も受けにくくなります。

ちなみにここでいう「固い」とか「ゴムボールの様な状態」というのは、
身体の柔らかさを指していますが、
ストレッチ的な身体の柔らかさではありません。

 

あなたがもし、本当に辛い肩こりから解放されたいと
願っているならば、それは可能です。

 

まえだ整骨院での施術で身体づくりが出来ます。

施術やお伝えするエクササイズ等でなりたいあなたに変われます。

 

「ちゃんと良くしたい!」というときも、

「もうダメ、限界!」というときも、

「早めに対処しよう」というときも、

お気軽にご予約ください。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。

 

院長   前田 和清

まえだ整骨院
〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

予約制 075–951-8616

 

関連記事

  1. 肩こり頭痛 長岡京市

    肩こり頭痛体質から解放される方法

  2. 肩こりイメージ画像

    肩こり 頭痛 その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。