膝の痛みは筋肉を鍛えると楽になる?その4

脚の筋トレ画像

こんにちは。
今日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。
長岡京市 まえだ整骨院 院長の前田和清です。

今回は「膝の痛みは筋肉を鍛えると楽になる?」その4。
このシリーズは、ひとまず今回までにしますね。

前回の「その3」では、
「身体の中のちからのかかりかた」=もつれた力み」
がある事をお話しさせていただきました。

今回は、「自分で何かできる事ある?」
についてお話をさせていただきます。

結論からいいますと、

色んなエクササイズや、日常で気をつける事などがあります。

その中の1つに

「壁立ち」があります。

これだけやれば改善するわけではありませんが、
少しでも痛みに変化があると幸いなのでお伝えします。

やり方は、つま先を閉じ、「気をつけの姿勢」で、壁にカカト・お尻・肩甲骨・後頭部をつけて立ちます。

その状態で、自分の身体の中に意識を向け、力が入っているところを感じます。
その部分の力を積極的に抜いていきます。

大切なのは「素直に感じる事」です。

ただ形だけを行ない、たとえ長時間立ったとしても全く意味がありません。

カカトから足裏全体に体重がかかるように立つ。
きっとはじめはつま先に体重がかかりやすいと思います。
太ももは力が入っているとおもいます。
力が抜けて、タプンタプンになっていただきたいです。

腰とかべの間は、手の指が入る位が良いです。
多くの方は手のひらがスコスコと入りますが、それは腰が反っています。

ぜひやってみて下さい。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。

 

院長   前田 和清

まえだ整骨院
〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.900~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】木曜日の午後、土曜日の午後、日祝
予約制 075–951-8616

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 膝のトレーニングイメージ画像

    膝の痛みは筋肉を鍛えると楽になる?その3

  2. 脚のトレーニングイメージ画像

    膝の痛みは筋肉を鍛えると楽になる?その1

  3. 膝の痛みは筋肉を鍛えると楽になる?その2

  4. ランナー

    走ると膝が痛い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。