達人に学ぶ

赤ちゃんの動きは達人の動き

こんにちは。
今日もブログをご覧頂きましてありがとうございます。
まえだ整骨院 院長の前田和清です。

今日は「達人」についてお話しをさせていただきます。

みなさん「達人」ってどんな人だと思われますか?

「気難しくて、眉間にシワが寄って、怖そうで、
長い髭があって、いつも作務衣を着て、それから・・・え〜っと、」

みたいな感じでしょうか?

私はそんなイメージを持っている時がありました。

「達人」を辞書で調べると

学問や技芸の、ある方面に非常にすぐれた人。「剣術の―」
人生を達観した人。

とあります。

当院に通っていただいているNさんは、競技かるたの達人でいらっしゃいます。

Nさんは数年前より、

「かるたが読み上げられる前にどの札かがわかり、

身体が動く様になってきた」

とおっしゃいました。
今までにはない事だと驚かれていました。

普通では考えられません。
まさに神業の域です。

達人です。

普通の人は、かるたを読み上げられた声が耳に入り、
耳に入った声の情報が脳に送られ、
次に脳から信号が送られる事によって身体が動きます。

普通、相手よりも先にかるたを取るためには、

「集中して聞いて、瞬発力が大事」

と思うはずです。

私の周りに数人、それぞれの分野の達人がおられ、
達人の方々にいくつか共通している事があります。

茶道、舞踊、能、武道、治療家など、分野はそれぞれ違っても、
登り始める道が違うだけで、
目指すところは同じなのだと思います。

私が感じている、達人の方にいくつか共通する中から
3つを今日は書いてみたいと思います。

1つ目は、

常に進化を目指されているという事です。

「これで完璧」とか

「これくらいで良いだろう」

なんて思われません。
「自分はまだまだ」とおっしゃいます。
「まだ青年だ」と
70代、80代の方がおっしゃるのです。

となると、
私は当然🐤?🥚?👶?です。

 

2つ目は、

自慢したり威張ったり、押し付けたりされません。

自分は二の次で相手が先といった感じです。

 

3つ目は、

「あるもの」が大切とおっしゃいます。

「あるもの」とは?

継続年数?
真面目さ?

あなたは何だと思われますか?

 

 

正解は

 

 

「姿勢」

 

です。

競技かるたの達人Nさんが、

かるたが読み上げられる前に札がわかって身体が動く時は、

「自分の中で姿勢ができている時」

と言われます。

 

私も達人を目指す中、姿勢は大切だと実感しており、

姿勢が人生に影響すると言っても過言ではないと思います。

なぜなら姿勢は免疫力をはじめ、

健康寿命、身体能力、感受性、心に影響するからです。

 

またいつか、姿勢について私なりにお話をさせていただきますので
興味がおありの方は是非ブログをみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。

 

院長   前田 和清

まえだ整骨院
〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

予約制 075–951-8616

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 合気道

    合気道

  2. 美味しい

    パンの日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。