姿勢の矯正 60歳を過ぎたらカラダはもう良くならない?

見えないもの

おはようございます。

カラダを根本から良くする専門家

まえだ整骨院 院長の前田和清です。

 

今日のブログは

当院の患者さんが

他の治療家さんから言われた

 

「ある一言」について

 

書かせていいただきます。

 

70代女性 Aさんが

とある治療家さんに

次の事を言われたという事です。

 

それは

 

「60歳を過ぎるともうカラダはもう良くならないですよ」

 

と。

 

実はこの様に思っている治療家さんが

結構おられます。

 

それとか、

「軟骨が変形している膝の痛みは治るわけがない」

と自信満々に思っている先生もいます。

 

「年だから仕方がない」

「痛みとうまく付き合っていくしかない」

「長年使ってきたんだから仕方がない」

とか当たり前に思っている治療家さんが

結構います。

 

そういった方々を

批判したいわけではありませんが、

 

ここで私が言いたいのは、

本当に良くなりたい患者さんは

改善することが出来る治療院を

選ばないといけないという事です。

 

「治らない」と思っている先生の所で

治るわけがありませんし、

 

「こんな事を毎日やっても良くならない」

という事がたくさんあります。

 

本当にえらそうですみません。

でも事実です。

 

患者さんからすれば

どの院が良いかなかなかわからないですね(汗)

その治療が良いのか悪いのかわかりませんね。

 

 

ちゃんと改善できる治療院は

必ずあります。

 

 

ちなみに当院は

「色々試してもなかなか良くならない人」

「もう手術しかないと言われている人」

「検査しても異常がないのに痛い人、しんどい人」

「リハビリを続けているのに全く良くならない人」

「手術をしたのに痛みが治らない人」

 

こんな風に困っている方が良くなって

喜んでいただける様、

 

真剣に修行しています。

 

そしてこんな風に悩んでいる

90%以上の方が

楽になって喜んでいただいてます。

 

一体何が他と違うのか?

 

その理由は、

「今までの治療院さんがみていないコト・モノ」

観ている

ためです。

 

あなた自身もまわりも

今まで全く意識をした事のない、

無意識の領域に

改善ポイントが隠されています。

 

数値や見た目に現れないコトやモノです。

 

具体的な事を1つ挙げると

 

全身のバランスの崩れから影響する

「カラダの中の力のかかり方」

があります。

「見た目ではわからない全身のネジレの修正」

をはじめ、

カラダの決まり事を取り戻す施術」

を行って

からだ全体の「ながれ」を改善していきます。

 

そうすることにより

全身が同時進行で

良い方向へ向かいます。

 

 

 

上記に挙げたコト・モノが、

私には観えているから、できるのです。

 

これは何も怪しいものではありません。

 

ご安心ください、

ツボとか買わせません(笑)。

 

現在は物質世界で

物の価値や見た目で判断される風潮で

見えないコトや見えないモノが

おろそかになっています。

 

みなさん全く気にもとめたことのない

目に見えないコトやモノ

大きな影響を受けています。

 

「心」も形がなくて

科学的に数値化できませんよね?

 

当院は

改善ポイントとなる

 

「見えないモノ、見えないコト」

 

実際にあなたの身体でお伝えし

体感していただけます。

 

今ご覧のあなたや、あなたの大切なご家族・お友達が

「もうだめかもしれない」

と諦めかけていませんか?

 

諦める前にぜひ

当院の治療にチャレンジしてみてください!

 

開院12年。

 

私が真剣に向かい合う事をお約束します。

 

 

最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました。

ではまた。

院長   前田 和清

まえだ整骨院

予約制 0759518616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

関連記事

  1. 座禅

    見えない所に手を加えている事

  2. 八条ヶ池

    ウォーキング

  3. 八条が池

    八条が池に・・・

  4. 合気道

    合気道

  5. 高校生

    職場体験

  6. 切り株 薪割り

    薪割り 長岡京市環境フェア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。