五行 身体の中にあてはまる

身体の中の五行の関係

おはようございます。

全身を根本的に良くしていく専門家、

まえだ整骨院院長の前田和清です。

 

前回は

 

自然界の法則も

身体の法則も同じ

 

という内容でした。

 

これは決まりごとであり、

変える事も逆らうこともできません。

 

その法則、決まりごとの一つにある

「五行」ということに触れました。

 

五行ってなに?という方は 前回のブログをどうぞ↓
https://maeda-seikotsuin.com/身体の中の法則 自然界と同じ

 

では「五行」は身体のどこに当てはまるのか?

 

木 = 骨盤、脚

火 = 首、頭

土 = 横隔膜

金 = 肩、腕

水 = 骨盤底筋群

 

ざっと大まかに書きました。

 

相生(相手を生む関係)
木 → 火 → 土 → 金 → 水

相剋(相手を弱める関係)
木 → 土 → 水 → 火 → 金

 

相剋は決して悪いわけではなく、要は

全体のバランスが取れている事が大切です。

 

全体の流れを滞らせない事が大切です。

 

痛みや不調と五行の関係は?

例えば

小学生の頃から肩こりでお困りの
Aさん51歳女性と仮定しましょう。

 

肩は五行でいうと「金」です。

 

肩の調子が悪い時の例を挙げると、

「金」を弱める「火」(首)の要素が強かったり

「金」を生かす・生み出す「土」(横隔膜)の要素が弱い場合や、

「土」の要素が弱いのは「土」を剋する「木」(骨盤)の要素が強すぎる場合もあります。

 

ここでいう「強い」「弱い」という表現は、

「緊張している」ということや、「正しく機能していない」

ということです。

 

まとめ

身体は全身が連動しています。

もちろん全身の細胞も連動しています。

それは37兆個とも60兆個とも言われるほど、

膨大な数。

 

その1つ1つが

自分の果たす役割を認識しつつ、

他の細胞全部の役割を把握し、

自分の出番を積極的に待っていると言う事です。

本当に驚きですよね。

 

身体全体のながれを取り戻す事。機能させていく事が大切。

 

慢性の痛みや不調にお困りの方は特に、

痛い部分や気になる部分だけの施術ではなく、

身体全体のながれを取り戻す事が大切です。

 

まえだ整骨院では

解剖学的観点も、西洋医学的観点も、

五行をはじめとする

東洋医学的な観点も大切にしています。

 

まえだ整骨院のアクセス情報はこちら↓
https://maeda-seikotsuin.com/access

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ではまた。

 

院長   前田 和清

まえだ整骨院

予約制 075–951-8616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F

【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

関連記事

  1. 身体の法則

    身体の中の法則 自然界と同じ

  2. 呼吸法 水火の柱

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。