呼吸法 水火の柱

おはようございます。

スポーツ競技能力の向上、記録更新の専門家

まえだ整骨院 院長の前田和清です。

 

今日は呼吸法についてのお話です。

呼吸法とは?

いろんな呼吸法があります。

腹式呼吸

胸式呼吸

逆腹式呼吸

片方の鼻を全部閉じた呼吸、

半分閉じた呼吸

息を止める呼吸法 などなど。

 

どの呼吸法もできる様になる事が良いですね。

 

今回お伝えする呼吸法は

身体の中で上下に伸びる内圧の柱

をつくるための呼吸法です。

 

はじめはとても難しいかもしれませんが

あなたも必ずできる様になります。

 

大丈夫です♩

 

この呼吸法は前回のブログでご紹介した

「五行」

が関係してきます。

 

天地に伸びる柱 = 水火(すいか)の柱

 

というものをつくります。

 

水火の柱ができると

結果的に姿勢が整います。

本当の力みを抜く事ができます。

本当の脱力ができる様になります。

 

良い姿勢は水火の柱でできた姿勢です。

 

上下に伸びる身体の内圧で身体を支える姿勢です。

 

姿勢が整うと

背骨の神経の通りが良くなります。

 

 

火(カ)

水(ミ)

 

神経 = 神様 が通られる 経路 です。

 

経路が通りやすくなると
今まで知らなかったコトの気づきがあります。
知らなかったコトを使わせてもらったりもします。

少し話はそれましたが、本当のことですよ〜♩

 

 

本題に戻ります。

 

首は「火」

骨盤底筋群(股付近)は「水」

 

火は上に上がる、

水は下に落ちる 性質があります。

 

この関係性を身体の中につくりあげていきます。

 

作り上げていくというよりかは、

本来あるもの、
気づいていない事、
気にも留めていない事に

積極的に気づきに行っているという表現が

適切かもしれません。

 

この呼吸法を
説明をすると、

 

身体の内圧を均等に高めて

 

上下に伸びる内圧の柱をつくります。

 

息を吸うの?息を吐くの?

息を吐いても

吸っても

内圧が下がらない様にします。

 

はじめは息を吐くと内圧が下がる人が多いですよ。

 

内圧をあげるために横隔膜のパワーが必要です。

 

その中で

上下に伸びながら

それぞれ引っ張り合う関係性も生まれます。

 

上がるもの下がるもの

下げるもの上げるもの

 

陰と陽

+と−

です。

 

 

体幹の力みや捻れにより、

横隔膜も捻れていると

しっかりと働かすことができません。

 

逆に表層の筋肉の力み緊張が抜けると

横隔膜をしっかり働かす事ができます。

 

この関係はシーソーの関係です。

 

呼吸法と横隔膜はワンセット。

一朝一夕にはいきませんし、

一人ではどれが正解なのかわかりません。

迷います。

 

これができる様になれば

いろんな事に当てはめて生かすことができる

明確で再現性のある

自分のお宝アイテムとなるのです。

 

筋肉とは違い、

年々磨けば磨くほど
進化していくものです。

 

 

脱力したいあなた。
当院アクセス情報はこちら↓
https://maeda-seikotsuin.com/access

 

 

関連するブログ
体幹を安定させる秘訣はこちら↓
https://maeda-seikotsuin.com/体幹を安定させる秘訣

五行とは?自然の法則
https://maeda-seikotsuin.com/身体の中の法則 自然界と同じ

五行と身体の関係↓
https://maeda-seikotsuin.com/五行 身体の中にあてはまる

 

ちなみに今回の図は、

内圧の柱と

空間との関係を

初めて絵に表してみました。

私が感じ取って大切にしているコトです。

 

実は私が行う治療においてもこの要素が必要不可欠で、

これがないと行えません。

 

この事をはじめ、見えない要素があるため、

はたから見れば触っているだけの様に見えて

変化が起きるので驚かれるのです。

 

その身体の変化は

解剖学的にも説明がつくものです。

 

絵の説明

 

真ん中の円柱が内圧の柱。

矢印が身体の中の関係。

青三角は水の要素、赤三角は火の要素で

共に身体の中の関係であり

空間の状態でもあります。

 

周りの色がついている部分が空間。

+−は自分と空間が同調していることを

表しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっとバンドエイドみたいになってしまった(笑)
色変えればよかったですね^^;

 

うまく表現しきれていませんが

ザックリとこんな感じです。☕

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ではまた。

 

院長   前田 和清

まえだ整骨院

予約制 075–951-8616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F

【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

 

関連記事

  1. 重心移動

    重心移動 歩く時 走る時

  2. 身体操作 身体の使い方

    身体の動き発掘!肘の動き優しい講座

  3. 体幹エクササイズ 中心軸の回転

  4. チーターのような体幹

    体幹を自由に動かす 背骨・肋骨 前後編 エクササイズを動画で…

  5. 相手の反応を遅らせる方法

    呼吸・間・空間を捉える 突きで表現 

  6. youtube

    力を抜く練習 力みを抜く方法 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント