力を抜く練習 力みを抜く方法 

youtube

おはようございます。

今日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。

スポーツ競技能力向上・記録更新の専門家

まえだ整骨院 院長の前田和清です。

 

今日は

「力を抜く練習」

についてお話をします。

 

スポーツ選手はもちろん、

楽器を演奏される方も

舞台に立たれる方も

日常生活においても

 

力を抜くことは大切です。

 

・立っているだけ

・座っているだけ

・構えているだけ でも

力が入っている事に気づいていない人が

とても多いです。

 

力が入っている(力んでいる)デメリットは?

・怪我をしやすい

・交感神経が優位にはたらく(リラックスできないなど)

・疲れやすい

・集中力の低下

・競技能力向上の妨げとなる

・競技の本質に乗り切れない

・動きが硬い

・動きが速く見えて遅い

・反応が遅い

・威力がある様に見えてそうでもない

・全身にブレーキをかけながら動いている

・感覚が鈍る

・競技人生が縮まる

など、まだまだあげるときりがないほどです。

 

反対に

力を抜く事は、メリットしかありません。

 

力の抜き方がわからない・・・。

ほとんどの人は、力の抜き方がわからなかったり、

本当に抜けているのかどうかがわからないと思います。

 

多くの人はいきなり

対象物や

相手を眼の前にして

なかなか力を抜く事ができません。

 

力んでしまいます。

 

実は

そんなあなたのために

力を抜く具体的な方法が

たくさんあります。

 

自分一人の状態で力(力み)を抜く練習をし

それを各々の競技にあてはめて練習していく事が

一番の近道だと

私は思います。

 

具体的な方法とは?

主軸となる具体的な方法は

呼吸法です。

 

今日はその呼吸法を使った

エクササイズ一つを

ご紹介します。

 

「パイプ上げ」です。

 

呼吸法で自分の力みをぬかないと

パイプを持ち上げることはできません。

力で持ち上げようとしても滑って上がりません。

 

力みが抜けると
手に吸い付く様に持ち上げる事ができます。

どんなパイプ? どこで買えるの?

塩ビパイプです。

品番

VU 200 エスロンパイプ

VU150 エスロンパイプ

 

ホームセンターで買えます。

規模の小さいお店に「VU 200」のパイプがなく、

サイズの小さいモノしか置いていないことが多いです。

○○プロ 的な資材の種類が豊富なお店にはよく置いてあります。

力まない身体に変えていきたいあなたへ。

全身の力みを抜く施術

呼吸法をはじめとしたお伝えするエクササイズにより

脱力ができるようになります。

 

イメージやぼんやりしたものではなく、

明確に自分の中で
論理的に説明のつく
再現性のある脱力です。

 

あなたの身体の中で
一生の宝物となることは間違いありません。

 

しかも自分自身で
磨けば磨くほど進化する宝物です。

 

全ての上達においてはずせない事。


呼吸を磨く技術

 

身体の中に呼吸法で

「水火の柱」

というものをつくります。

 

呼吸法のブログはこちら↓
https://maeda-seikotsuin.com/呼吸法%E3%80%80水火の柱

 

ほとんどの方が知らない事です。

 

当院のアクセス情報はこちら↓
https://maeda-seikotsuin.com/access

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ではまた。

 

院長   前田 和清

まえだ整骨院

予約制 075–951-8616

https://maeda-seikotsuin.com

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

関連記事

  1. 下段回し蹴り ミット蹴り

    下段回し蹴り エクササイズから得た感覚を当てはめる練習

  2. 体幹を自由に動かす 背骨・肋骨 左右編 エクササイズを動画で…

  3. 腸腰筋イラスト

    腸腰筋を使った腹筋運動 動画でご紹介

  4. 体幹エクササイズ 中心軸の回転

  5. チーターのような体幹

    体幹を自由に動かす 背骨・肋骨 前後編 エクササイズを動画で…

  6. 相手の反応を遅らせる方法

    呼吸・間・空間を捉える 突きで表現 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。