姿勢 良い姿勢ってどんな姿勢?

成功への道

おはようございます。
今日もブログをご覧頂きましてありがとうございます。
まえだ整骨院 院長の 前田和清です。

前回に続き、姿勢についてお話をさせていただきます。
前回は「良くない姿勢の影響」をお話しさせていただきました。

今回は「良い姿勢ってどんな姿勢?」

ということについてお話をさせていただきます。

良い姿勢と言ってもとても曖昧です。
具体的にはどんな姿勢が良い姿勢なのか
わからない方が多いと思います。

もしかしたら今お読みいただいているあなたは、
周りの人から

「姿勢がいいね」

って言われるかもしれませんね。

そんなあなたにもぜひ
読み進めていただきたい内容です。

良い姿勢とは2段階あります。

今日は1つ目の、
わかりやすくやさしい姿勢づくりについて
お伝えをしていきます。

あなたは良い姿勢って具体的に
どんな姿勢、立ち方だと思いますか?

胸を張って背中をピンっとする姿勢?

肩甲骨を後ろにキュっと寄せて顎を引く姿勢?

肩を上げて強そうに見える姿勢?

 

これらの例は全部良くない姿勢です。

良い姿勢は、

足のくるぶし、股関節、肩関節、耳の穴、頭のてっぺん(百会ひゃくえ)
が、できるだけ揃った姿勢です。

気をつけの姿勢でつま先を閉じ、

壁に踵、お尻、背中、後頭部をつけ、踵に体重が乗るようにします。

この状態で自分の身体に
力が入っているところを感じたら
順番に力を抜いていきます。
太もももタプンタプンになります。

膝は曲げてはいけません。

腰と壁の間は、手のひらが入ると腰を反ったそり腰となります。
手を差し込んで指の付け根で止まるくらいならオッケーです。

なかなかうまくいかないと思います。

胸が前に出たり、顔が斜め上に向いたり
腰を壁につけようとすると胸や太ももなどが前に出ようとしたり。
つま先に体重が乗ったり。

なぜうまくいかないかというと、
今までの姿勢により出来上がってしまった、身体の内側から硬さのせいです。

例えが相応しくないと思いますが、
長年クシャッと圧縮されシワの入った
カッターシャツを想像してみてださい。

そのカッターシャツをピンッと引っ張ってもすぐに元に戻る事に似ています。
姿勢の癖がついています。
よくない姿勢の形状記憶をされている状態です。

そこで、アイロンがわりになるのが当院の施術です。

身体の芯から硬さを緩め、内側から
伸びやすい状態に戻していきます。

姿勢にお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

 

次は「良い姿勢の影響」についてお話をさせていただきます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまた。

 

院長   前田 和清

 

まえだ整骨院
〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-2-10 1F
【受付時間】
AM.9:00~12:00(土曜日12:30)
PM.4:00~ 7:30
【休診日】
木曜日の午後、土曜日の午後、日祝

予約制 075–951-8616

関連記事

  1. 姿勢 良くない姿勢

    姿勢 良くない姿勢の影響

  2. レベルアップ

    姿勢 良い姿勢の恩恵

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。